Windows 10へのアップグレードの停止方法

Windows 10へのアップグレードを推奨してきたり、
アップグレードの期日を決定するプログラムを停止させたい場合は、
下記のリンクにあるプログラムをパソコン上に保存し、
実行してください。
プログラムを保存するには、下記のリンクを右クリックした後、
Internet Explorerをお使いの場合は「対象をファイルに保存」を選択してください。
Firefoxでは「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください。
プログラムはZIP形式で圧縮されていますので、
解凍して生成される「DisableGwx.reg」というファイルを実行してください。
また、実行の際に警告が表示される場合がありますが、
パソコンへの影響はありませんので、
その場合には「実行」や「はい」をクリックしてください。
実行後にパソコンを再起動すると、変更が反映されます。
アップグレード停止プログラム
後日に再びWindows 10へのアップグレードを有効にするためには、
下記のリンクにあるプログラムをパソコン上に保存し、
実行してください。
プログラムを保存するには、下記のリンクを右クリックした後、
Internet Explorerをお使いの場合は「対象をファイルに保存」を選択してください。
Firefoxでは「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください。
プログラムはZIP形式で圧縮されていますので、
解凍して生成される「EnableGwx.reg」というファイルを実行してください。
また、実行の際に警告が表示される場合がありますが、
パソコンへの影響はありませんので、
その場合には「実行」や「はい」をクリックしてください。
実行後にパソコンを再起動すると、変更が反映されます。
アップグレード有効化プログラム
すでにWindows 10へのアップグレードの期日が決定されている場合、
停止プログラムによってアップグレードは凍結されますが、
期日の設定は残り続けます。
そのため、後日に再度有効化した場合には、
即座にアップグレードが開始されることがあります。
なお、Windows 10へのアップグレードから1ヶ月以内であれば、
Windows 7/8.1に戻すことができます。
OSを戻す手順につきましては、下記のリンク先を参照してください。
Windows 10からWindows 7/8.1に戻す方法