Edgeのプライバシー設定の変更

Windows 10の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」では、
入力されたユーザ名やパスワードをすべて保存するように設定されています。
また、標準では、閲覧したURLなどの情報をマイクロソフト社に
送信する機能も有効になっています。
この設定は、共用のパソコンで利用者間のトラブルの原因になるほか、
記憶されている情報が侵入者やマルウェアに利用される原因になります。

Edgeのプライバシー設定を変更するには、まず、
Edgeを起動した後、図1のように右上の「・・・」をクリックします。
「・・・」をクリック
設定用のメニューが表示されたら、下側に向かってスクロールします。
下図の位置まで進み、「詳細設定を表示」をクリックします。
詳細設定を表示
詳細設定のメニューが表示されたら、少し下にスクロールすると、
「プライバシーとサービス」という項目があります。
下図のように、「パスワードを保存する」及び、
「フォームへの入力を保存する」をオフに設定します。
また、すでに保存されているパスワードを確認して、削除しておきます。
設定をオフにする
また、Windows 10にはSmartScreenという機能があります。
これはシステムに不具合やトラブルが生じた時に
その時の状況をマイクロソフト社に送信する機能です。
Edgeでは、悪意のあるWebサイトからユーザを保護する代わりに、
ユーザがアクセスしたURLが「問題あり」と判断された場合に、
そのURLをマイクロソフト社に送信するようになっています。

もしもSmartScreenを無効にする場合には、
下図のように詳細設定のメニューの最下部まで進み、
この設定をオフに変更してください。
SmartScreenをオフにする