Windows 10のインストールメディアの作成方法(USBメモリ)

Windows 10やWindows 8.1がプリインストールされたPCでは、
インストール用のディスクが付属されていません。
PCの不調などによりWindows 10を初期状態から再インストールする場合に使用する、
インストールメディアの作成方法について説明します。
[準備]
まず、8GB以上のUSBメモリを用意します。
Windowsのエディション(HomeやProなど)と
アーキテクチャ(32ビットもしくは64ビット)を確認しておいてください。
USBメモリをパソコンに差し込んでください。
[実施手順]
下記のWebページにアクセスします。
次に、ページ中段にある「ツールをいますぐダウンロード」をクリックして、プログラムをダウンロードします。
Windows 10のダウンロード (マイクロソフト社のWebサイト)
続いて、ダウンロードしたプログラム(MediaCreationTool.exe)を実行します。
以下のようにライセンス条項についての画面が表示されたら、
「同意する」をクリックします。
install_media01
続いて、以下のような画面が表示されたら、
「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し、「次へ」をクリックします。
install_media02
続いて、以下のような画面が表示されたら、OSのタイプ、エディション、
アーキテクチャを確認してください。
再インストールをしたいパソコンでこのツールを使用しているときは、
表示されたままの設定で構いません。
再インストールをしたいパソコンとは異なるパソコンでこのツールを使用しているときは、
@の部分にあるチェックをオフにした後に、適切な設定を選択してください。
再インストールしたいパソコンのWindows 10と異なる設定を選択してしまうと、
再インストールができないので注意してください。
次の処理に進む場合は、右下の「次へ」をクリックします。
install_media03
続いて、以下のような画面が表示されます。
「USB フラッシュドライブ」を選択し、「次へ」をクリックします。
install_media04
続いて、ドライブを選択する画面が表示されます。
USBメモリのドライブを選択した後に、「次へをクリックしてください。
Windowsのダウンロードが開始されたら、
完了までに数時間程度はかかりますので、そのまま待ちます。
ノートパソコン等の場合、途中でパソコンがスリープモードになったり、
シャットダウンしないように注意してください。
install_media05
以下のように、USBメモリの準備ができたメッセージが表示されたら、
インストールディスクは完成でです。
install_media07

[インストールディスクの作成後]
Windows 10(もしくはアップグレード前のWindows 8.1)が
パソコンにプリインストールされていたものでなかった場合は、
再インストールにプロダクトキーが必要になりますので、
プロダクトキーが分かる資料も用意してください。

作成したインストールディスクを使用してパソコンを起動します。
USBメモリから起動する方法はパソコンごとに異なりますので、
パソコンの説明書などで確認してください。