Windows 10のプライバシー設定の変更

Windows 10では導入時に、マイクロソフト社に各種の情報を送信する機能や、
アプリケーションがカメラやマイクなどの周辺機器、ならびにアドレス帳や
位置情報や電話番号といった個人情報にアクセスする機能が有効になっています。
これらを有効にしておくと、侵入者やマルウェア(不正なプログラム)に
利用される可能性があります。

Windows 10にプライバシー設定を変更するには、
まず。デスクトップ左下の「スタートボタン」(Windowsマーク)を
クリックします。
続いて、メニューの中ら「設定」をクリックします。
「・・・」をクリック
設定画面が表示されたら、下図のように、
「プライバシー」をクリックします。
「プライバシー」をクリック
プライバシーのメニューが表示されたら、
左側にある設定項目の一覧を上下にスクロールしながら、
設定内容を確認・変更したい項目を選択(クリック)します。
選択された項目が画面右側に表示されたら、
不要な機能や設定をオフに変更します。
不要な設定をオフにする