Windows 10のバージョンの確認方法

Windows 10には、「1507」や「1511」といったバージョンがあります。
Windows 7までに存在したサービスパック(SP1やSP2)のようなものです。
通常はWindows Updateを介して自動的にバージョンアップが行われますが、
利用環境により、古いバージョンのままになっていることがあります。

Windows 10のバージョンを確認するためには、
まず、デスクトップの左下にあるWindowマークを右クリックします。
version_check01
続いて、表示されるメニューの中から「システム」をクリックします。
version_check02
以下のような画面が表示されたら、バージョンの欄を確認します。
バージョン情報が示されていない画面が表示された場合、
ご利用のWindows 10は1703よりも古いバージョンです。
バージョン1703の画面です。 バージョン1709の画面です。
画面を下にスクロールしてから確認します。
version_check03 version_check04

Windows 10では通常、Windows Updateを経由してバージョンアップが実施されます。
代わりに、古いバージョンへのサポートは順次終了します。

何らかの障害によってWindows 10が古いバージョンのままになっている場合、
Microsoft社によるサポートが終了して更新プログラムの配布が停止します。
そのような場合には、セキュリティの脆弱性が解消されなくなるため、
ウィルス感染等のセキュリティ被害が生じる可能性が高くなってしまいます。
Windows 10の各バージョンのサポート期限については、
下記のWebページにアクセスし、ページの下部にある表をご覧ください。
Windows ライフサイクルのファクト シート(Microsoft社)