Windows Defenderの停止方法

Windows 10では標準的なセキュリティ対策ソフトウェアとして、
Windows Defenderが用意されています。
通常、他のセキュリティ対策ソフトウェアを導入すると、
それを察知してWindows Defenderは自動的に停止しますが、
インストール後にもWindows Defenderが動作し続けるケースもあります。

複数のセキュリティ対策ソフトウェアが稼働していると、
お互いが邪魔をし合って正常に動作しなかったり、
パソコンの動作が遅くなるといった問題が生じます。

Windows Defenderを停止する(無効にする)には、まず、
下記のリンクにあるZIPファイルをパソコンに保存してください。
続いて、ZIPファイルを解凍し、
中にあるプログラムをダブルクリックして実行してください。
その後、パソコンを再起動するとWindows Defenderが停止します。
Windows Defender無効化プログラム

反対に、Windows Defenderを有効にするには、まず、
下記のリンクにあるZIPファイルをパソコンに保存してください。
続いて、ZIPファイルを解凍し、
中にあるプログラムをダブルクリックして実行してください。
その後、パソコンを再起動するとWindows Defenderが起動します。
Windows Defender有効化プログラム