メディア基盤センター
トップ > サービスメニュー > 講義支援サービス(Moodleサービス)

講義支援サービス(Moodleサービス)

Moodleは、講義支援のためのWebページを作成するオープンソースのソフトウェアです。メディア基盤センターでは、全国の大学で普及を始めているMoodleを使った講義支援サービスを提供しています。

2018年度をもってMoodle 1のサービスを終了し、2019年度からMoodle 2に移行します。移行期間終了後(2019年3月下旬)、Moodle 1のサービスは過去の教材等の閲覧のみとなります(2024年3月下旬にサーバを停止予定)。
詳しくはこちらをご覧ください。

講義支援サービスへのログイン

現在はMoodle 1からMoodle 2への移行が進められているため、異なるバージョンのシステムが並行して稼働しています。
講義等でご利用のサーバを選択してログインしてください。

Moodle 1(学内・学外版)   Moodle 1(学内限定版)    次期バージョンを先行提供中です→ Moodle 2(学内外版のみ)

教職員の方へ

ご利用に関する注意事項
  • Moodleサービスを利用するためには山口大学公式メールアドレスのアカウントが必要です。
  • Moodleサービスの利用者はMoodleサービス仕様に同意して頂いているものとします。ご利用の前に必ずご一読ください。
ログイン後の操作に関する参考資料
  • Moodle 1の操作方法については、Moodle 1のログイン後の画面の左上にある「山大Moodleマニュアル」をクリックしてください。(マニュアル本体はMoodle 2の中にあるため、再度ユーザ認証が必要になる場合があります。)
  • Moodle 1における教材の作成については、(「情報セキュリティ・モラル Moodle 教材利用マニュアル」(大学教育センター)も参考になります。(Moodle 1に対応。ユーザ認証有り。)
  • Moodle 2の操作方法については、Moodle 2のログイン後の画面の左下にある「山口大学Moodle2マニュアル(教員版)」をクリックしてください。

新規コースの申請

申請方法
修学支援システムに登録されていないゼミや研究会、講習会などで新規に講義支援サービスをご利用の場合は、下記の利用申請を行って下さい。
  1. 該当するMoodleサーバにログイン。
  2. ログイン後の画面の右上にある「コースリクエスト」をクリックし、リンク先の画面に必要事項を記入して送信。
修学支援システムに登録されている科目について
  • 修学支援システムに登録されている科目については、新たに申請をしていただく必要はありません。新年度の時間割情報がMoodleサーバに反映された後に担当教員がMoodleサーバにログインすると、担当科目のコースが作成されます。
  • 修学支援システムからMoodleコースにアクセスする場合は、修学支援システムの時間割表示から科目名をクリックしていただき、画面上部にあるリンクボタンからアクセスしてログインしてください。

障害発生時のお問い合わせ先

講義支援サービスへログイン出来ない場合の連絡先

メディア基盤センター
e-mail : info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp
吉田センター(内線:5777)、   常盤センター(内線:9900)、   小串センター(内線:2174)
場所(教室番号など)、時間、他のサーバ等への接続が可能かどうか、利用者人数などの情報をお知らせ下さい。

Moodleにログインした後の操作方法や教材等の不具合に関する連絡先

ユーザの種別連絡先
学生教師、コース管理者(該当科目の各教員)
教師、コース管理者メディア基盤センター(info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp)


更新日: Fri Sep 8 16:49:57 JST 2017
担当者: 各センター窓口
連絡先: info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp