メディア基盤センター
トップ > ウェブメール

ウェブメール Webmail

山口大学ウェブメールはこちら

https://webmail.cc.yamaguchi-u.ac.jp/

お知らせ

  • 2018/06/06
    Windows 10 バージョン 1803 の Microsoft Edge(ver. 42.17134.1.0)でウェブメールを利用する際、
    名前に日本語を含む添付ファイルをダウンロードすると、ファイル名が文字化けする問題が発生しております。
    修正対応が完了するまで、Edge以外のブラウザ(例えば Internet Explorer など)でご利用ください。
    → 06/12 Edgeにてダウンロードした添付ファイルの名前が文字化けする問題は解消しました。
  • 2018/04/01
    従来のウェブメール(https://webmail2.cc.yamaguchi-u.ac.jp/)は、
    2018年3月31日をもちましてサービスを停止いたしました

ウェブメールの操作・設定手順

ウェブメールの操作、各種設定については、下記リンク先のページをご参照ください。
ウェブメールの操作・設定手順(学内限定)

注意!
ウェブメールでは、リモートコンテンツを自動読込しない等できるだけセキュリティが高くなるように
初期設定を行っております。設定を変更される場合は、変更後にどのようなセキュリティリスクが
生じるかを十分ご理解いただいた上での実施をお願いいたします。

ウェブメールの特徴と注意点

  • マウス等ポインティングデバイスによる操作に対応しております。ドラッグアンドドロップによる
    メールの移動や、右クリックメニューによる操作等が可能です。
  • スマートフォン表示に対応しております。スマートフォン表示の場合、フリックによりメールの削除や
    マークアップが可能です。
  • 対応ブラウザの場合、メール受信時のデスクトップ通知に対応しております
    設定手順の [デスクトップ通知] を参照)。
  • アーカイブ機能を使用できます。削除しないが(今は)不要なメールをアーカイブフォルダー以下に
    保管します(初期設定:分類なし)。メールの整理にご利用ください
    設定手順の [メールのアーカイブ] を参照)。
  • ウェブメールへの初回ログイン時に、Drafts(下書き)、Sent(送信済み)、Junk(迷惑メール)、
    Trash(ごみ箱)、Archives(アーカイブ)
    というフォルダーが自動生成されます(存在しない場合のみ)。
    初期設定でこれらのフォルダーは特殊なフォルダーに割り当てられます。
    必要に応じて特殊なフォルダーの割当は変更可能です
    設定手順の [特殊なフォルダーの自動生成と割当変更] を参照)。
  • 従来のウェブメール等で作成したフォルダーは、非表示になっている場合があります
    (メールが削除されているわけではありません)。表示が必要な場合は適宜設定を行ってください
    設定手順の [フォルダーの表示・非表示] を参照)。


更新日: Tue Jun 12 9:28:19 JST 2018
担当者: 各センター窓口
連絡先: info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp