メディア基盤センター
トップ > サービス利用案内 > メール > メールソフトの設定 > ウィザードで推奨設定 > macOS標準メールの設定方法

macOS標準メールの設定方法

2017年04月05日改定

10.11 El Capitan以前の標準メールでは、これまで の設定でも利用可能です。

  1. macOSの標準メールを起動し、メニューバーの [メール] → [アカウント] を開く。

  2. 「その他のアカウントを追加...」をクリックする。

  3. 「メールアカウント」をクリックする。

  4. @「名前」、「メールアドレス」、「パスワード」を入力し、A「サインイン」をクリックする。

  5. @以下のように設定、入力する。
    ・アカウントの種類: IMAP
    ・受信用メールサーバ: imap.cc.yamaguchi-u.ac.jp ※1
    ・送信用メールサーバ: smtp.cc.yamaguchi-u.ac.jp
    メールアカウント(山口大学アカウント)の「ユーザ名」と「パスワード」をそれぞれAの各欄へ入力し、
    B「サインイン」をクリックする。
    ※1 一部のメールソフトでは「imap2.cc.yamaguchi-u.ac.jp」を受信メールサーバとして案内していますが、 10.12 Sierra以降の標準メールでは接続できないため「imap.cc.yamaguchi-u.ac.jp」を指定してください。
    アカウントの種類でPOPを選択した場合は、受信用メールサーバに「pop.cc.yamaguchi-u.ac.jp」
    と入力してください(送信サーバは、IMAPの場合と同じです)。

  6. @「メール」のみにチェックし、A「完了」をクリックする。

  7. 今設定したアカウントが追加されたことを確認する。

  8. macOSの標準メールに戻り、メニューバーの [メール] → [環境設定...] を開く。

  9. @「アカウント」を開き、A先程設定したアカウントを選択する。B「サーバ設定」を開き、
    C、Dをそれぞれ以下のように設定し、E「保存」をクリックする。
     C受信用メールサーバ(IMAP)
      ・「接続設定を自動的に管理」のチェックを外す。
      ・「ポート」へ「993」を入力する。
      ・「TLS/SSLを使用」にチェックする。
      ・「認証」にて「パスワード」を選択する。
     D送信用メールサーバ(SMTP)
      ・「接続設定を自動的に管理」のチェックを外す。
      ・「ポート」へ「465」を入力する。
      ・「TLS/SSLを使用」にチェックする。
      ・「認証」にて「パスワード」を選択する。

以上でメールアカウントの設定は完了です。メールの送受信が可能か、ご自身のメールアドレス宛にテストメールを送信し、ご確認ください。

上へ
更新日: Wed Apr 5 12:28:45 JST 2017
作成者: 各センター窓口
連絡先: info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp