メディア基盤センター
トップ > サービス利用案内 > メール > メールソフトの設定 > ウィザードで推奨設定 > Outlook2010設定方法

Outlook2010の設定方法(その他のメールソフトからの移行の場合)

※初めてメールソフト(Outlook2010)を設定される方はこちら
  1. メールアカウントの設定をします。
    Outlookを起動した後、タブの@「ファイル」からA「情報」を選択し、B「アカウントの追加」をクリックします。

     
  2. アカウントの追加のウィンドウが表示されたら、@へ必要な情報を入力し、A「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」へチェックを入れ、B「次へ」をクリックします。
     (1)差出人として表示する名前を名前欄に入力。
         例:山大 花子
     (2)設定したい電子メールアドレスをアドレス欄に入力。
         例:r001aa@yamaguchi-u.ac.jp
     (3)設定するメールアドレスに対応したパスワードを入力する。

     
  3. 「サービスの選択」のウィンドウが表示されたら、@「インターネット電子メール」を選択し、A「次へ」をクリックします。

     
  4. アカウント情報の入力画面が表示されたら、@へ必要な情報を入力し、A「詳細設定」をクリックします。
     (1)名前(差出人として表示する名前)
        例:山大 花子
     (2)電子メールアドレス
        例:r001aa@yamaguchi-u.ac.jp
     (3)アカウントの種類:IMAP
     (4)受信メールサーバー:imap2.cc.yamaguchi-u.ac.jp
     (5)送信メールサーバー:smtp.cc.yamaguchi-u.ac.jp
     (6)アカウント名
        例:r001aa
     (7)入力したアカウントに対応したパスワードを入力。

     ※アカウントの種類はPOPも選べます。
      POPを選んだ場合には、受信サーバとして「pop.cc.yamaguchi-u.ac.jp」を入力することになります。
      (送信サーバは、IMAPの場合と同じです)

     
  5. 表示されたウィンドウの、@「送信サーバー」タブをクリックし、A「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。

     
  6. 次に、@「詳細設定」タブをクリックし、A〜Cに必要事項を入力し、E「OK」をクリックします。
     A受信サーバー:993(POPの場合は、995を設定します。)
     B送信サーバー:465
     C使用する暗号化接続の種類(受信・送信サーバー共に):SSL
     ※Dのルートフォルダのパスには何も入力せず、空欄のままにして下さい。
      ルートフォルダのパスに「inbox」などが入力されていると、フォルダを作成することができません。

  7. アカウント情報の入力画面が表示されたら、「次へ」をクリックして下さい。

     
  8. 「完了」をクリックして基本の設定は終了ですが、Outlook2010では、フォルダを表示させるために項目9からの作業が必要になります。
    以降の解説を一読した後、作業を行ってください。

     
  9. Outlook2011のフォルダ構成について

    • 項目8までの設定が終了すると、<画像1>のようなフォルダ構成になります。
      Outlook2010では、デフォルトで作成されるIMAPフォルダは<画像1>のように「受信トレイ」と「検索フォルダー」のみです。
      メールソフトの移行前に作成していたフォルダも表示されません。
      この状態でメールを送信すると、サーバ上に「送信済みアイテム」フォルダが作成されていないため、送信メールは<画像2>のようなエラーメッセージが表示された後、<画像3>のようにローカルフォルダ内の「送信済みアイテム」に保存されます。
      この様に、ローカルフォルダに保存されたメールはその端末以外では読むことができません。
      ※webメールでも読むことは出来ません。
      <画像1>


      <画像2>


      <画像3>


    • 同様に、受信トレイ内のメールを削除する際、IMAPフォルダ内に「削除済みアイテム」フォルダが作成されていないと、画像のようなエラーメッセージが表示され、メールを削除することができません。
      メールソフトの移行前に作成していたフォルダを認識させるためには、項目9からの作業を行ってください。

       

  10. 既にフォルダが複数作成されたアカウントを設定した場合でも、表示されるフォルダは「受信トレイ」と「検索フォルダー」のみです。
    必要なフォルダを表示させる場合は@設定したアカウント名を右クリックし、A「IMAPフォルダー」を選択します。

     
  11. IMAPフォルダーウィンドウが開いたら「クエリ」をクリックします。

     
  12. IMAPサーバ内に既に作成されたフォルダが@に表示されます。
    すべてのフォルダを表示する場合は、A「階層形式で表示するとき、購読済みフォルダーのみ表示する」のチェックを外し、B「OK」をクリックします。

     
  13. 上記作業で、IMAPサーバ内のフォルダが表示されます。

     

以上で設定は終了です。

このページの一番上へ
上へ
更新日: Wed Apr 20 14:40:48 JST 2011
作成者: 各センター窓口
連絡先: info-cc@ml.cc.yamaguchi-u.ac.jp